情緒、余すことなく

更新。
八百屋のバイトが一段落したら更新しようと決めていた。
先週の金曜日、8月4日でラスト。これで8月働くのはバーの方のみとなる。
これにて、気持ちが楽になる。八百屋が終わってからの始まった感。
やっと、不本意な労働ともお別れ。誰かを儲けさせるための手駒になるのはもう懲り懲りだ。

今回の日本滞在は、中身がなかったように思ってしまうが、それでも日々出来ることは自分なりにやっていた。これから先の動きも定まってきたように思える。
夜、バーで働くのはよい経験となった。接客を始め、色々な種類のお酒の飲み方を知ることが出来た。

今月の30日に引っ越しを控えている。これにていよいよ東京生活ともお別れとなる。
その前にこちらに来客ありで、思わぬボーナスのような、自分によい出来事がある。


9月15日、カリフォルニアへ行く前に次作の短編小説を完成させたいと思っている。

これからの予定は、カリフォルニア→日本→インド(12月から)→日本→カナダ(ワーホリ)を考えている。
これからワーホリする気力はオーストラリアの時点でなかったが、日本に滞在していた間にあちらでやりたいことも見つかり、最早楽しみになてきている。

今までのブログの更新で一番筆が乗っていないが、取り敢えず記録までに。



日本、東京、バビロニア


日常に埋没していました。
オーストラリアから帰国して早、4ヶ月。
日常がものすごいスピードで流れていく。
未だかつてない速さだ。特に週末はとんでもなくあっという間に終わる。
中々何も出来ない感覚がずっと続く。
そんな中に身を置いていると、我慢という時間だけが日常の大部分を占めているように思えてしまう。
ツイッターで、幸福量=自分のやりたいことをやってる時間×自由な時間
というものを見掛けたが、真にその通りだと思う。
現状八百屋で働いてるときは、やりたいことではなく、やらされていることなので
不満や勿体ないという気持ちが全面に出てきてしまう。

メンタルは下がったり持ち直したり。
けれど、やはり日常が煌めくようになることには出会えない。
が、先が見えているので取り敢えずそこまで頑張るしかない。

東京の生活は基本は楽しいが、飽和感がすごい。
+81という雑誌の中のインタビューでそういう風に言っている人がいて
前々から何となく、そう思っていたが、改めて実感する。
この中にいると自分も埋没していってしまう気がしてたまらない。
実は既に埋没しているのだが、このままでは終われないという気持ちは強く持っている。

生活に追われて、ダラけてしまう時間、ネットを無意味に見てしまう時間も
多いので、これからなんとかかんとか自分に打ち勝ってメリハリのある生活をキープしていきたいと思う。自我意識の征服、これが一番難しいことだと最近特にそう思う。何度反省してみても同じことを繰り返す。

将来へ向けて、自分の理想の生活に如何に近づけていけるか。
いつも、いつ何時も勝負の瞬間は日常から永遠に続いていく。

これからの予定。
八百屋バイトは7月いっぱい。
8月の頭にビパッサナー瞑想へ
9月15日にカリフォルニア。
12月からインドへ。

来年に西日本を回る旅に出るか、カナダにワーホリしようか迷っている。
海外へ行くのも悪くはないのだけど、具体的な目標がないと流れるだけで終わってしまう懸念がある。




 

見出しの閃光


いつも人生の流れを流れを考えてると、これだ!
というプランが決まってくる。
27歳。いつの間にか、いい大人の年齢になっている。
中々なにも達成できていないようでも、自分では気づけない蓄積があるのかもしれない。
そう思うと、このままやっていけばよいのかも、と思えるときもある。

日本に帰ってきて生活していくうちに、近い未来の予定が決まってきた。
8月の後半、Oregonに日食を見に行こうと思っていたが、ビザの計算をしてみると足りないことが分かった。
ので、次に東京を離れるのは9月になりそうだ。
そして、その後、再びインドへ赴くことにほぼ心を決めた。
目的は南インド周遊と、ゴアのパーティーに参加すること、アシュラムに入ることだ。
オースのワーホリ生活を経て、もう自分にワーホリする気力がないことがわかった。
ベルリンへワーホリしたいという思いが無いわけでもないが。
ゴアのパーティーシーズンは12月から始まる。そして日本の季節が春先になるまで滞在しようかと思っている。
その後は西日本を回る旅へ出ようかと思っている。
今までの人脈、体験を総動員した旅にしたい。
目的地は九州。そこにたどり着くまでに、日本のコミューン、季節労働先、WWOOFを回っていきたい

本田の期間工時代に出会った旅の先輩T山さんから、「軽トラキャンパー」というものがあると聞いた。
早速調べてみると非常に魅力的なものだった。是非ともDIYでこれを作りこれで旅をしてみたいと思う。

これに先駆けて、旅のブログを作ろうと思う。
これからはそういった時代になってくるだろうから、それに先駆けたいと思う。

独り身のときは、独り身を活かして、覚悟を決めてやっていかなければならないな。

今の生活、日常はバッドマインドがときには蓄積するけれど、日々全力で立ち向かっていきたい。
人生は一度キリだ。世間の常識を自分の枷にせず、突き抜けて行こう。
このままのやりかたで、自分の満足するところまでいけるかもしれない。



.
記事検索
QRコード
QRコード