感謝(驚)

久し振りの更新。書きたい気持ちが戻ってきた。日記とは違う性質の文章を書きたいと思った。
書かなければ、という気持ちはなかった。
前回の更新から約4ヶ月ぶりとなる。悪くないタイミングだ。

日本を離れ、もう三ヶ月。今回は帰る予定を立てないで、海外へ飛び出してきた。
この感じはロンドンへ行ったときぶりだ。いや、あのときは二年後には戻るという感じだったか。
今回も一応二年というビザの縛りはあるものの、東京にもう住むことはない、という明確な意思がある。
今年も無事にカリフォルニアでの任務が終わった。あそこへ行けることに関しては、とにかく有り難いという感情が先行する。カリフォルニアへ行けること。
それがあるとないとでは、自分の人生にかなり大きな差が出てくるだろうと思わずにはいられない。
今年も山から降り、充分にショッピングを楽しませてもらった。
お世話になったカリフォルニアの友人たちには感謝である。

それと、ZINEについて。なんとめでたく完売したのである。予想以上に早かった。
ある本屋さんが40冊以上注文してくれたのである。それが最後の決め手となった。
渋谷の本屋さんに卸したZINEが、NYの本のアートフェアへ展示されたようだ。それをみたロンドンの本屋さんが先に出てきた本屋さんにZINEの存在を教えたという経緯があった。この様な繋がりにはただただ感謝である。
そしてなんとロンドンの本屋さんにもZINEが並んでいる。しかも、その本屋はロンドン時代たまに顔を出していた店だったのだ。天狗で出会ったSっちが偶然おれのZINEを発見してそのことをFBに投稿してくれた。なんたる偶然。この展開にはエキサイトせずにはいられなかった。
本当に今年中に全て売れてよかったと思う。今までの自分の体験、努力、生き方が結実したみたいで嬉しく思う。
買ったいただいた方、関わっていただいた方には感謝の気持ちでいっぱいだ。
ZINE第二弾。作る気満々である。タイトルまで既に決めている次第だ。そのタイトルを頭に入れて、これから始まるオーストラリア生活をアプローチしていきたい。

それと音楽の嗜好についての変化についても書き留めておきたい。
環境が人を形作っていくと思うが、音楽も同じで、いる環境によって嗜好が変わってくる。
少し前は自分の一番好きな音楽はサイトランスであったが、東京にいたときはやはりテクノ、ハウスが中心になっていた。サイトランスの難点は日常で聞けないことである。もちろん、日常で聴ける人もいるだろうが、自分には出来ない。やはり、パーティーで本領を発揮するし、そこで聴くのが真髄で一番楽しめる。今はマニラでレゲェ、ダブに首ったけである。それが昂じて一曲仕上げるにいたった。
https://soundcloud.com/yusuke_suzuki/kalayan-plasza-dub
カリフォルニアにいたときも一曲出来た。これについてもブログにポストすべきだったと思うが遅かった。その曲ももろにレゲェの影響を受けている。やはりBPMがサイトランスくらいになってくると日常になかなか入り込む余地がないのだけど、その点、レゲェは日常から楽しめる。
まさか、自分がレゲェにハマることになり、曲を作るに至るとは思いもしなかった。ジャマイカに行ったあとだってそんなことは思わなかった。そして今、またジャマイカへ行きたいと強く思う。
そして、特筆したいことがひとつ。今まであれだけお世話になっていたフィッシュマンズを今は全く聞かなくなった。まだまだ厳しい瞬間は訪れるものの、心境の変化があったのだろうか。
ブログを書く際、いつもタイトルについて頭を悩ますのだが、今までお世話になったフィッシュマンズへの気持ちをこのタイトルに選んでみた。 
日常に抑圧されて、エゴが出てくるとたちまち過去のことを思い出し落ち込んでしまう性質があるが、そんなときこそ忘れないでいたい気持ちでもある。

もうマニラでの生活も、最早仕上げの段に入っている。
当初はマニラ行きに関して、果たしてよい選択だったのだろうかと思いを巡らすときもあったが、今では来てよかったと思う。
ここでオーストラリアに行く前にワンクッション置く形でゆっくり時間が取れて、落ち着いた。
もし、ダイレクトで向かっていたら、精神的に慌ただしくなっていたかもしれない。
語学学校へ行くこともよい選択だっただろう。一日四時間しかまともに英語学習に取り組めていないが、それでもこれがあるのとないのでは、違ってくるのではないだろうか。
その学校も来週に3回いってお終いだ。その後、オーストラリアへ行くまではフィリピンの田舎の方へ足を伸ばす予定だ。やはり、初めて来た国は一度は田舎の方を見ておきたいもの。

オーストラリアでの予定は、1月の終わりにレインボーサーペントというフェスへ行くことが決まっている。そこでサイトランスの出番である。己を開放し、魂を新鮮に保つこと。となればそのときの音楽の出番はサイトランスしかない。他の音楽では決して辿りつけない領域がある。
2015年も残り二週間。2016年はオーストラリアから新たな生活が始まる。先の事が未定で決まっていないのは良いことだ。決まっている人生よりも刺激的で楽しいに違いない。何人かの友人とも再会出来るだろう。
仕事などについてはそのフェスが終わってから取り組むことにしようと思っている。
幸い、金銭的には直ぐ様働かなければ行けないような状況ではない。
その間、バンクアカウントを作ったり、車のことについて調べたり、あっちの環境に慣れていこうと思っている。オーストラリアでの生活はいったいどんなものになるであろうか。
実践し、学んでいきたいのは、カントリーライフの実用的なところ。そこんところもこれからの自分の人生で大きな割合を占めるのと思われるのでしっかり取り組んでいきたい。
ロンドンは人生を変えてしまうようなことが多かった。願わくば、オーストラリアでよい方向へ舵を取れますように。素敵な出来事、素敵な出会いがあるとよいな。
そのためには、やはり自分のケツをしっかり引っ叩いていかなければ。もうずっとやるせない自分といるけども、今度こそ、この機会こそそんな自分とお別れしたいものだ。


中学のとき、卒業文集に世界一周をしたいと書いた。さらに勉強より大切なことがあるんだ!ということも書いた。勉強という言葉の定義にもよるが、その大切なことというのは確実に大麻を含むサイケデリックスのことだった。学校では決して教えてくれない、人生に置けるとてもとても大事な要素。
話が逸れてしまったが、25歳のうちに世界中、全大陸を制覇することが出来そうで、これは子どものときの夢が叶ったと言っても過言ではないだろう。それを素直に嬉しく思う。

2015年12月18日22時50分。フィリピン、マニラ、カラヤンストリート近くのローラハウスから。


 

100のリスト

人生の100のリスト


皆既日食を見る。

父親になる。

☆写真集を出す。

写真の賞を取る。

☆写真展をやる。

レコードをリリースする。

DJを続ける。

巴馬に行く。

全大陸制覇。

☆facebookで友達を1000人作る。

本を1000冊読む。

8000メートル級の山に登る。

日本に関東以外に拠点を持つ。

自分の店を持つ。

☆Tシャツブランドを作る。

富士山に登る。

自分のパーティーを持つ。

レーベルを作る。

雑誌に連載を持つ。

☆ZINEを作る。

ユーラシア大陸を横断する。

☆サンフランシスコに住む。

漫画の原作を作る。

ウィキペディアに載る。

お遍路を回る。

☆LSDトリップを体験する。

☆DMTトリップを体験する。

☆アヤワスカを体験する。

☆マジックマッシュルームトリップを体験する。

☆ペヨーテトリップを体験する。

刑務所に入る。

オーロラをみる。

オアシスで泳ぐ。

楽器を一つ修得する。

ロッククライミングをする。

スカイダイビングをする。

スキューバダイビングをする。

コミューンを作る。

子孫によりよい環境を残す。

世界中の写真を撮る。

様々な分野に精通した友人を作る。

ギャラリーを開く。

カズオ・イシグロを原書で読む。

野菜を育てる。

日本で大麻を非犯罪化する。

日本に医療大麻を導入する。

大麻の真価を日本人に伝える。

ヨガと大麻についての本を書く。 

世界を拡張プラウト主義に近づける。

拡張プラウト主義が現実化された世界が舞台の小説を書く。

自然の素晴らしさを伝える。

☆インドのリシュケシュでヨガを学ぶ。

大麻を育てる。

Twitter一万人フォロワー。

オセアニアの島々を回る。

ベジタリアンになる。

ジャーナリズム活動に関わる。

宇宙に行く。

トルコに行く。 

☆ネパールに行く。

マダガスカルに行く。

スリランカに行く。

富士山に登る。

屋久島に行く。  

日本以外の国の永住ビザを取得する。

自分のグルを見つける。

ロバート・ハリスに会う。

Boomeritisを読む。

英語をマスターする。

サイケデリクスを治療目的として普及させる。

ドイツでアーティストヴィザを取る。

日本の若者を世界に引っ張り出す。

サイケデリックトランスを作る。

再びロンドンに戻ってトランスパーティーでDJする。

30歳まで海外で過ごす。

モンサント社と戦う。

ヨガを日課にする。

南米に再び赴く。

生涯愛する人と出会う。

私小説を書く。

自給自足の出来るコミュニティに住む。

色々な料理を作れるようになる。

☆ブームフェスティバルに行く。

ロストセオリーに行く。

物作りを修得する(ヘンプアクセ)

ロン毛にする。

プラネテスのユーリのような人になる。

太らない。

トランスパーティーの写真を取って作品にする。

鎌倉をレペゼンする。

日本を旅する。

日本に面白い場所を作る。

家族が困らない程度にお金を稼ぐ。

フェスに出店する。

DMTを探究する。

オーストラリアにワーホリする。

タスマニアへ行く。

動物と暮らす 。

古物商の資格をとる

世界平和。 


9月28日、更新。


送る宛のない手紙。


ついに更新のときがやってきた。些か大仰な書き出だしになってしまった。
最近、ブログを更新したいとの気持ちが強くあった。
そして書くからには納得のいく文章に仕上げたい。

更新するタイミングはZINEの赤字を取り戻したとき、と自分の中で決めていた。
今週それを達成して、その週末、気流舎の中でキーボードを叩いている。

このブログは現状とこれからのことを、心の赴くままに書くことが主題にある。
前回の更新から、日本、東京での生活は忙しいものだった。
自分の基準で判断すると、週五フルタイムで働く生活、それはもうとても忙しい方に分類される。
けれども、ストレートに生きている人にしてみれば、それは当たり前のこと。
そしてZINEのことや父のこともあり、旅をしていたときと生きていく感覚が全く
違っているように思われる。都市での生活は本望ではない。

まず、ZINEのこと。
マリファナマーチに販売を開始して、現在約二ヶ月、半分以上手元から離れた。
取扱店も都内を中心に6店舗ほど。もう何年も前から、100のリストに入っていることでもあり
実行に移したかったことなので、取り敢えずは達成できてよかった。
また、制作、販売を通じて色々と学ぶことができた。
紙が手元に届いた当初は興奮の中にいたが 、今は大分落ち着いている。
流通は自分が思っていたよりもいい感じだと思われる。
もっと反応があってもいいような気もするが、これから先
自分の人生の中でこのことがジワジワと効いてくるんじゃないかと思う。
販売の勢いは落ち着いてきたが、次に旅立つまで休むことなく製本を続け整理を進めていきたい。

父のことも記しておきたいと思うが、いざ書く段になってみるとここに書くことが
憚られる心境になってしまった。何をどう書き綴っていけばいいものか、、、

一つハッキリしたことは、9月からの動きが定まったことだ。
今年もカリフォルニアにお世話になり、11月からは、日本に戻らずオーストラリアにワーホリで
二年ほど滞在することになるだろう。オーストラリアへ行くことはかれこれ2年前
ロンドンから日本へ着地した時から考えていたが、機が熟すまで、いざ、ヴィザを取る!
というとこまで長くなってしまった。

自分の中でロンドン生活はとても大きなターニングポイントになったが、次の二年オーストラリアでも自分の中の大きな節目になることが予想される。

最初、初の海外長期滞在のワーホリとそれを経験し
16ヶ月に及ぶ旅を経た今では全く違う動きが出来るだろう。
そして、その頃よりもこの先の人生の見方、焦点がかなり定まってきたと思う。
それをさらに見定める意味でもオーストラリアはぴったりの舞台ではないだろうか。

オーストラリアでの動きについては渡豪直前また別の記事にでも書きたいと思う。
それとは別に、今自分の中でスリランカという国がとても気になっている。
島国には強く引かれるが、インドと隣接している、仏教徒の国というのが大きな理由か。
オーストラリアに行く前のタイミングで訪れることもなんとなく頭にあったりもするくらい。

このブログを書く前、書いている序盤、上手くまとまるかかなり不安だったが
書き進めているうちにどうにかなってきて一安心。

日本滞在中は文章作品を書き上げることを大きな目標にしていたが
それはもう完璧に頓挫してしまった。前回に引き続き、言い訳になるが
ZINEの製本作業に多大なる時間が引き裂かれていることを痛感する。
それに伴い考えを改め直しているが、長期的な視野で自分の能力を最大限発揮出来るだろう
環境はやはり田舎暮らししかないなと思う。
今回の日本東京滞在中は書くこと、形にすることを
諦めてしまったが、アイディアは枯れずにしっかりと自身の裡へ根を張っているので
これから人生を通じ、開花させたい。

また、100のリストを改めるため、近いうちにブログを更新したいと思う。

今回のタイトルは、この記事にはその心情が垣間見られる部分はなかったが
日々、果敢に戦っている気持ちを表している、個人的に心に残る一節から採用した。







 
.
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ