2010年10月

青春噎び泣き



ちょっと前に比べて森田童子を聴く割合が少なくなった。
でもまた、聴かずにはいられない時期が訪れるのかなぁとなんとなく思う。
今、生活は堕落してますが、心は比較的安定してる。

これからなんにしてもお金が必要だなぁと思うのでぼちぼち貯めていかないと…


生きるとはなにか?
って沢山ある答えのない問題の一つなんだけど、この前なんとなく思ったことがある。


自分で自分のこと駄目だと思ってる人にとっての「生きる」ということは、「その場を凌ぐ」ことなんだなぁと。
何をするわけでもなくただひたすら時を過ごす。
なにもしないから当然現状は変わらない。
だからそんな自分を好きになんかなれない。
といった気持ちから「その場を凌ぐ」って表現がぴったりだと思う。
なんとなく苦しいから「過ごす」ではなくて「凌ぐ」
その凌いでる時間こそが人生そのもの。



一方生き生きとしてる人の人生ってのは「自己実現」とかそういう言葉なんじゃないかなぁ


今の僕は凌いでます。
いたずらに時が過ぎてるのを傍観してます。




八ヶ月と四日目



お久しぶり。
週に一度書くのが理想のペースかな。

治験、10泊の予定が急遽キャンセルになったので一泊だけして帰ってきた。
もらえるお金が大幅に減ってしまった。
それも残念だったんだけど、10日間病院で缶詰になれないのも残念だった。
色々集中してやりたかったことがあった。


しかし、書くことがない。
最近全然動いてないから書くことがない。
動かねばと思うのですが動けない。
イギリス倦怠期。
毎日、なんかやらなきゃ!って思うんだけどやれず仕舞い…



今日は久しぶりにクラブに行く。Plastic People。

なんか面白いことないかなぁ〜って好きじゃない台詞なんだけど
そう、つぶやきたくなってしまう。

もうすぐ10月も終り。今年も残り二ヶ月。
イギリスでの生活は残り、一年と四ヶ月…
どうにかしなきゃいけないな…と焦るばかりです…

みんな夢でありました。




誰にだって眠れない夜がある。
そういうときはみんなどうしているのだろう…
僕は自分の日記を読み返していた。

個人的に付けていた日記ではなくmixiの方の日記だ。
個人的に付けていた日記を読むと本格的にメンタルが蝕まれる。

mixiはある程度パブリックな場所の日記なのでネガティブ垂れ流しがだいぶセーブされている。
区切り区切りでしっかり書いてたから程良く振り返れる。
最初の日記は07/3/9から始まっていた。

昔のことを思い出す。
やはりメンタルヤバ男だった。
今と比べてみる。

だいぶマシになった。
やっぱり仕事してないっていうのが大きいんだろう。
今だってずっとダウナーな気持ちでいっぱいだけど…

落ち込んだときの仕事は半端じゃなく辛かった。
今は落ち込んでも自分の時間が沢山あるぶん対処しやすい。
Twitterにこのこと書こうかと思ったけどそろそろ日記を更新したかったこともあり、ブログに書いてみた。



森田童子いいですね。



七ヶ月と十三日目



EscargotのHPが完成した。
http://www.t-escargot.com



最近また調子いい。


今二回目の治験に来てる。

最終的に終わるのは12月だけど36万くらいもらえる。

そんで日本帰って良いカメラ買っちゃる!


来年絶対ZINE作る。気合入ったやつ!

Tシャツもこれからが面白そうだ。


退院したら営業だ!
手応えを知りたい。
.
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ