2011年08月

一年五ヶ月と二十六日目


近頃、生活の質が向上してきていると思う。
まだ上手く文章に出来るほどまとまっていないが
あきらかに昔より生き生きとしてるし、自制心を持った生活を送れている。

2日に一回くらいのペースでボルタリングへ行き体を動かす。
ボルタリングは面白い。今まで色々なスポーツをしてきたが一番自分に合ってる。
これが自然の場にもつながると思うと期待してしまう。将来的には登山につなげて行きたい。
ボルタリングに対して向上心があるので家でも軽いトレーニングをするようになった。
体を動かしていると対人関係に後ろめたさを感じなくなると思う。
(事実、ひきこもりつづけてしばらく何もしてなかったあとは人と接しにくくなったことがあった)

食事に関しても良い兆候が感じ取れる。
少し前は可能な限り好きなときに好きなものを好きなだけ食べていたが
最近は少食を心掛けるようになり食べる量も減り、夜中には食べないことにしてる。
大好きなお菓子もほどほどにしてる。この生活を心掛けていたら胃も慣れてきた。
ある日、食べる量で満足感、充実感を満たすのは良くないことだと気がついた。

これは個人的な考えなのだが、簡素な生活は美徳だと思う。
余計な欲望は最小限に留めるのが望ましい。
もちろん適度な野心は必要なのだが、それと日常生活における煩悩では雲泥の差がある。
むしろ煩悩を捨てないと野心は達成出来ない可能性が高い。

先の見通し(日本へ帰ってからのこと)も目処が立ってきて気持ちも落ち着いてきた。
今の生活はとても良いものだ。こうやって年を重ねるのも悪くないと思うこともある。
だけどやはりビザの問題もあるしやりたいことや、(世の中に対して)やらなければいけないことも多いと思うので自身を
常にアップデートさせてきたい。




Approach


世界が平和になることを切望する。
その意志をガンジーやゲバラは残してくれた。
彼らの残したとこを辿ることで見えてくるものがある。

ここでもう一度しっかりと記しておきたいことがある。
争いや揉め事はいつも人間の欲から起こるということを。
人が自分自身を見つめて自分の欲を戒めることが出来なければ
これ以上世界が良くなることはないだろう。
一人一人が意識を高める以上に最良の方法はない。
欲望にはキリがない。快楽が満たされたからといって幸福になれるとは限らない。
欲望は自分以外の人を蹴落としかねない。


これから生きて行く上で何をどうすればいいのか
何が正しいのか 、どうすればいいのか、どうすることが望ましいのか…
真摯にそれと向き合って行きたい。学び続けていきたい。
 


地球は、すべての人の必要を充足せしめても、彼らの欲を満たしきることはできない。
 "Earth provides enough to satisfy every man’s need, but not every man’s greed."

我々人間は、どこへ行こうとも
人々の心に
平和と非暴力の種を
蒔き続けることに
命を捧げなければならない 

一番の敵は欲である

マハトマ・ガンジー




 

Severn Cullis-Suzuki

Mahatma Gandhi


You must be the change you want to see in the world.

あなた自身が、この世で見たいと思う変化とならなければならない。
 

Be the change you wish to see in other people.

他人に変って欲しければ、自ら率先して変化の原動力となるべきだ。


Even if you are a minority of one, the truth is the truth. 

たとえあなたが少数派であろうとも、真実は真実なのです。


In matters of conscience, the law of majority has no place.

良心の問題に関しては、多数決の法則は適用されない。



7つの社会的罪 〈Seven Social Sins〉

1.理念なき政治   〈Politics without Principles〉
2.労働なき富     〈Wealth without Work〉
3.良心なき快楽   〈Pleasure without Conscience〉
4.人格なき学識    〈Knowledge without Character〉  
5.道徳なき商売    〈Commerece without Morality〉
6.人間性なき科学  〈Science without Humanity〉
7.献身なき信仰    〈Worship without Sacrifice〉


我々の信念は、

常に燃え続ける灯火でなければならない。

それは我らに光明を与えるだけでなく、

周囲をも照らしてくれる。


怒りは酸のようなもので、

注ぐものにも増して、

その器に大きな害を与える。

 

 

Approach


ブログのタイトルを変更しました。
Twitterの更新もやんわりストップしたのでこちらの更新が増えそうです。
最近自分の気持ちとTwitterにズレを感じて更新を止めました。

最近興味があること。将来学ぶ必要性があるだろうと思うこと。

農業
山岳

ロックフェラー 
ロスチャイルド
ユダヤ人について 
シオニスト
中東問題

 今の自分はなんの知識も持ち合わせていない…
下は現代社会を生きて行くに当たって必要な知識になってくる気がする。


.
記事検索
QRコード
QRコード