日本を離れて、半年ほど。改めて思ってみるととても半年しか経っていないとは思えない。
ブログの更新はメルボルン以来。
2月の後半にこちらへ渡って、色々あったと言えばあったし、なかったと言えばなかったような日々を過ごしている。
前回のブログにこちらでの目標、お金を減らさないという項目があったが、無念にも現段階で全く達成できていない。
というのも車の事故を二回も起こしてしまい、車関係で大分お金を使ってしまったからだ。
タスマニアへ来た目的のひとつにファーミングにトライするということがあったが、それも達成できない雰囲気が濃厚に漂っているし、また自分としてもタスマニアでは働かなくていいやという心境になっている。
また、バッテリーチャージャーをメルボルンに忘れてしまったことがとてもイタくそのことを思うと心が萎えてしまうのも精神を弱気にさせている一つの原因になっている。写真を自由に撮れないことがここまでストレスになるとは。

こちらへ来てから、親友のHと合流して、ひたすらキャンプ三昧の流動的な日々を送っている。
その中でもナショナルパークへ行ったりと能動的な動きも多少はあるのだけど、ここのところは 流れに身を任せるような日々が続いている。
キャンプ生活は、やはり楽しくて学ぶことが沢山ある。タスマニアの自然の中で仲間とのキャンピングは何事にも代えがたい良い一時をなっている。
キャンプ中はやることがそんなにないだけに、考え事が中々捗り、その中で将来の動きを見据えることが出来てきた。
今回そんなことを思ってブログを更新してみようという気になった。
自分の中で将来に向けて、考え方が変化してきた。今までは海外への永住のこだわりが強かったがその気持が薄れてきたことだ。
今では、日本の田舎生活に強い憧れを抱くくらいになってきた。
海外で生活する中で、永住ビザの取得の難しさや、育ってきた環境以外で一生を終えることを考えるとハードルが高いように感じてしまう。
なにより自分は日本語、日本の文化が好きなのだなと認識を改めている。
が、しかし折角ある程度英語を覚えてきたので、日本にだけに留まりたくない気持ちは大いにある。
いつ日本へ着地するかはわからないけど、着地した際の具体的なプランが固まってきた。
田舎暮らしでの生活が定まるまで、3つのことをしていこうかと考えている。
①職業訓練校に通う。
自分の資質にそって考えると、ものづくりをすることに喜びを感じるので
木工や建築などの職業訓練校に行くのはどうだろうかと考えている。
まだ詳しく調べてないので何とも言えないが、きっとそのようなコースがあるだろう。
高校生時、工業高校の機械科に通っていたが、今思うと建築科に行っていればという思いがないでもない。木工と思ったのは直感的で、鉄などの無機物なものより有機物に惹かれる節があるからだ。
②家の解体や廃材回収の仕事をする。
友人で解体や廃材回収の仕事をしている人がいるが、様子を見ていると色々な物が手に入りそうなのである。将来、自分の住処を自分たちで作って行きたいとの思いがあるため、これが出来たら物事がより良い方へ向かっていくのではないだろうか。①のことと合わせて、使えそうなものを直したり、組み合わせたりして新しいものを作っていけたらと思う。
③古物商の資格を取る。
これもまだこの世界のことを深く知らないので浅はかな視点でしか予想することが出来ないが、田舎の方にはまだまだ、一昔前に日常的に使われていた古き好き道具が残されているのではないだろうか。
日本の一昔前の道具に興味がある。戦後、現代社会が築かれていくうちに使い道が失われつつある道具が多くあると思うが、それらはきっと戦前までの長い日本の生活の中で洗礼され実用的かつ美しいものが数多くあるのだろうなと想像する。

キャンプ生活を重ねて、自分の資質と今後の生活を重ねてゆくと、自分は現代社会では豊かに暮らすことが出来ないだろうなと予想が出来る。便利さは豊かさをもたらすかと考えると必ずしもそうではないなと強く思わされる。周りに自然があり、水と火が日常にあること。自分のペースで自分の時間を作っていくことが自分の思う豊かさに繋がっていると思う。
そう思うと、参考にすべきはやはりこれからのテクノロジーではなく、長い歴史を掛けて形成されてきた戦前の暮らしが参考になるのではないか。もちろん、今の社会の技術も大いに取り入れていきたいとは思うが。

その他にも、文章を書く。畑を持つ。店をかまえる(本、雑貨など)。キャンプ場を作る。アコモデーションを用意して興味のある人のこちらでの生活に触れてもらうなどのことも頭の中にある。

今の宙ぶらりんの生活に焦燥感や物足りなさを感じる瞬間もないわけではないが、これらの事柄が頭の中で混じり合い将来へ向けて理想的な生活を叶えるべく計画が醸成されつつある。

オーストラリアのこれからの動きは4月5日にメインランドへ戻ることになっている。
4月の終わり、5月の始め辺りにはバイロンベイエリアに行きたいと思っている。
タスマニアも自分に合うとこだとは思うが、バイロンベイ、オーストラリアのヒッピーの本拠地にも強く引かれている。
9月、カリフォルニアへ行く前には必ずセカンドヴィザを取得しておかなければ。

また、少々ながいスパンでの動きとして、この頃再びインドへ赴きたいとの気持ちも萌芽しつつあり、長期でアシュラムに滞在することに心が傾いている。

上に書いたことの他にも、やはり写真、音楽、意識を変性させる薬物については追いかけて行きたい。


タイトルは知り合ったドイツ人の女の子のタトゥーから。
この人のことはギリギリブログに 書くような内容の範疇ではないため、タイトルにこうして使わせてもらうことにした。この言葉が心に響いたときもあったのだよ。

2016年3月23日 タスマニア デロレーン セルキーの家にて。