自分のブログはたまに見返すのだけど、前回の更新からもう約4ヶ月も経つのかと思いふと、ブログを、近況を書いてみようという気持ちが湧いてきた。

まず、前回の更新から4ヶ月も経っているということに驚いてしまう。タスマニアにいた頃はそんなに前のことだったのかと感慨深く、改めて日々の速さに目を見張ってしまう。


タスマニアからの出来事を軽く書き出してみよう。

タスマニア→メルボルンはフェリーで。このときはタスマニアのブルーティアーでのトリップの強烈さから抜け切れておらず、メルボルンでの当ても定まらず、精神的にやや厳しい状況が続いていた。

オーストラリアに来たばかりのときにお世話になった友達の家にまたしてもお世話になっていた。

そこで、小学校からの友人、田中に再会することが出来てよかった。

メルボルンは一週間も滞在せず、シドニー付近を目指す。

約600キロの行程。初めての一人での長距離移動となった。

シドニー付近ではシティには行かず、近くの観光地、ブルーマウンテンでタスマニアでずっと一緒だったHと合流する。

そこからいよいよ、目的であったニンビンを目指すという段になりHと一緒にブルーマウンテンを離れて、北上する。が、ここでアクシデントが起こる。なんとハイウェイを走っているときに、エンジンから良からぬ音が、明らかに通常では聞こえないトラブルを孕んでいるような不吉な音が聞こえてくる。

一度脇に車を停めて確認する。そしてもう一度エンジンを動かそうとすると、なんと二度とエンジンが入らなくなってしまった。きっとエンジンオイルがリークしたか、無くなってしまいピストンリングがイカれてしまったのだろう。

この自体には、参ってしまった。まさか、車がここに来ておじゃんになるとは思ってもいないことだった。ハイウェイの脇で途方に暮れっぱなしになる訳にも行かないので、取り敢えず対策を取ることに。Hとミーティングの結果、シドニーには戻らず、この近くのゴスフォードという街に車をトローリーで運んでもらうことにした。

タスマニアでもお世話になった車の牽引。ここ、メインランドでもお世話になるとは思わなかった。

この出来事によって、これからのオーストラリア生活への様々な思いが交錯しない訳には行かなかった。これからの移動手段について。さらなる出費。新しい車を買うかどうするかなど。

落ち込まなかったか?と聞かれたら、確かに落ち込んだが、なんだかここまで来ると愉快な気分にもなりこの出来事に対し笑い飛ばしてしまうような態度で望んでいた。けれども、後日になって、日常生活が続く中、精神が澱の様に沈んでいった際などは、オーストラリアに来てから全体的な流れを思い出すとやりきれなくなりそうになったり、自らの事の運びを呪いたくなることもあった。

2014年、カメラをロンドンのトランスパーティーで盗まれたときも同じような気持ちになったものだ。起きてしまったことはしょうがないのだ。起こってしまったことはもうその前とは同じ状況になることは決してない。受け入れてないと始まらない。嘆かずにはいられないような気持ちにもなるが、先を見ないことには人生が生産的になることはない。

Hがカバーしていたボブ・ディランの「Don’t Think Twice」という歌詞に励まされた。

が、これが出来れば苦労はしないのだ、と過去の自分の経験から考えてしまう。人は思い出す必要のないことも、思い出したくないことも、思いたくもないことが頭に浮かんでしまう瞬間がある。が、可能な限り自分のマインドを制御する術を身につけていたいものだ。この訓練はずっとずっと続いていくだろう。
最近観た映画シンドラーのリストにも「自制心は力だ」という台詞が登場していた。 


ゴスフォードに着いて、車屋の前でブッシュキャンプをする。この街ではホームレス用のシェルターに行って食べ物をもらったり、シャワーを使わせてもらったりお世話になった。こういった施設があることを知るのは自分に取って新たなる発見で、オーストラリアは福祉がしっかりしているなと再認識したのだった。だからといって車が壊れてこの街に来れてよかったなどとは絶対に思わないが。

ここからは、公共の機関、バス、電車での移動となる。今回はバックパックではなく、スーツケースだったので、バックパッカーになりきれた訳でなく、スーツケーサーということになるのだろうか。

夜行列車で、ゴスフォード→カジノへ。バスでカジノ→バイロンベイ。更にバスで、バイロンベイ→ニンビンへと向かう。


ニンビンへはマルディグラス目的で向かったが、到着してから当のマルディグラスまでは二週間以上間が開いていた。着いた当日からその日暮らしのような、先のことも一向に決まる気配のない生活が始まったのだった。

しかし、周辺には働けるような場所はなく、お金はすり減っていく一方。宿泊先でフリーアコモデーションを始め、出費を抑える努力はしていたもののついにオーストラリアの口座は0$にまでなってしまった。

日々やることもとくにないまま、時が過ぎていくのを見過ごしていくような日々が続き、もどかしくさと焦りは募り精神はのめされがちであった。


このような暮らしが続く中、オーストラリアに来てから精神が一番厳しい状態に迄追い込まれたりもして、日本に帰ってしまいたいとの願望すら芽生えた瞬間すらあった。

ニンビンでの生活は平坦であったが、もちろん様々な出来事があり、徒然に書こうと思えば書きたいだけ書けそうだ。一つ特筆すべきことがあるとすれば、DMT体験だったであろうか。このことについて、まとめておきたいとは思うが、これはまたの機会に。


マルディグラスが終わったらどうするか、ここにいた間ずっとみんなと話あっていた。

宿泊先で出会った方(なんと自分と同じ名前の人)も自分と同じような状況でお金がなかったので、マルディグラス後、共同で車を買う運びになる。この車の購入資金のため、手を出さないと決めていた日本の口座についに手を出してしまった。このときの気持ちは今もよく覚えている。苦々しくて、たまらなかった。これからのことのために出費なのに、これからのよりも今まで起こってしまったことに目を向けてしまう、そんな後ろ向きな思いを抱きつつ…。


友人のつてで、スタンソープに車を売ってる人がいるというので紹介してもらい、ヒッチハイクでスタンソープへ。

1500$でトヨタのカマリーを買った。これでオーストラリアに来てから3代目の車になる。車のことは今まで車関係に支払った金額を思うと飛びたくなる。が、これが今の、まごうことなき自分の人生の経験と積み重ねが作った確かな結果なのだ。受け止めていくしかあるまい。


そして、その車で北上を開始する。仕事を探すための移動。ワンダバーグという場所に仕事のあてがあったので向かっている途中、サンシャインコーストで夜と明かそうとしていると、スタンソープのハーベストオフィスから仕事のオファーが入ったのだった。

こちらの方が条件がよかったので、車を買ったスタンソープへ戻ることに。Hとも合流し三人でスタンソープでの仕事の日々が始まった。こうしてついにオーストラリアに来て初めて仕事にありつくことが出来た。


そんな中、またも不運なことが起きる。なんと検問に捕まり唾液検査で大麻の陽性反応が出てしまい、裁判所へ行かなくてはならない事態になってしまったのだ。このときも車が壊れたときと同様、自分の置かれた一連の状況を思い返してみて何故、自分の人生はこういう感じになってしまうのだろうか…と思うに至った。

オーストラリアに来てからしっくりとくることがない。人生は嫌なことは沢山あるが、いいことはないななんて思うようにまでなってしまった。当然、この流れの中、例のやるせない気持ちも首をもたげてきて、オーストラリアに来る前にこの気持を決別出来るようにとブログに思いを込めて書き綴ったが達成出来そうにもない。


たったひとつ、よいなぁ~と思えることがあった。それは8月からの動きのことなのだが、思った以上にこの文章が長くなってしまったので、また落ち着いたらまとめたいと思う。


そんなこんなで9月までと思っていたオーストラリア生活もあっという間に半分折り返していた。あるときある方にセカンドビザについて「9月までしかいないならもう取れないんじゃない?」と指摘があり、改めて計算してみると確かにその通りで、いつの間にかどうにもならない状況に追い込まれていた。

ここで、カリフォルニアを諦めてセカンドビザを取るか、セカンドビザを諦めてカリフォルニアを取るかの二択からどちらか一つを選ばなければならないことになってしまった。自分にとってカリフォルニアへ行かないなんてことは考えられない選択肢であったが、セカンドビザのことを考えると切羽詰ってしまう。何日か考えた末、今年の渡米は諦めた。これは非常に大きな決断と判断であった。

しかし、来年は絶対に行きたいと早くも思い始めている。


8月にヘンプファームで働けるかもしれないとの大変ありがたいお話が入り(実際に希望通りにことが運ぶか見通しは立たないが)それまでに期間が空いたので、スタンソープからモリーという場所に移動した。モリーはメルボルンの友達がオレンジファームを紹介してくれたのだった。

セカンドの日数もまだ溜まっていないし、お金も充分あるとは言いがたい状況だったので、毎日懸命に働いている。

本日でモリーに移動して一週間目となる。精神的には車がおじゃんになったとき、警察にしょっぴかれたときと比べたら大分回復してきたが、どうにもこうにも自分のくさくさとしている感じからは、ぬけ出すことは出来ないのであった。


こうして文書に書き出してみると暗めだが、常日頃こんな精神状態で居るわけではない。

基本的にはきっと毎日幸せなのだろう。毎日楽しく過ごしているし、今までのことを思い返してみても、染み染みとなるようなほのぼのとした思い出がいくつも出来た。笑っている時間も少ない訳ではない。
疲れていると真顔率が高い。との指摘がバディからあったが。 


いつもこれ以上惨めにならないように、自分自身に負けないようにやっているつもりだけども、この文章全体から発散されるような暗さは常に纏わり付いている気がしてしまう。

いつの日か人生が絶好調に、今まで起きたことを全て引っ括めて肯定することが出来るきっかけが得られるように、そんな日が訪れることを願わないと日々をこなしていくことは出来ない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、ここまで約一週間前の7月13日に書いた。そこから、状況が変わったことがある。
先に書いたヘンプファームのこと。これは先方の事情でスタートがかなり先になってしまった。
さらに裁判の結果、有罪をもらってしまったら働くことが出来ないという。折角、オーストラリアを優先して、カリフォルニア行きを諦めたのに、こちらもおじゃんになってしまいそうでだ。
裁判にて、弁護士を付けて無罪を勝ち取る。という道もないわけではないが、正直そこまでのモチベーションは沸かないのであった。

今年はワーホリで海外に来ているので、例年の旅とは違い、現地でお金を稼ぐことが出来る。
今年いっぱいはオーストラリアで踏ん張っていくしかなさそうだ。
お金もそんなにあるわけではないので、日々の生活が働くだけに留まってしまっている。

正直、オーストラリアに来た意味はあるのだろうか。と思ってしまう瞬間もある。
そんな中、中島みゆきの『ファイト!』が心に染みて最近のテーマ曲にまでなった。一日一度は聴いている。今回のブログタイトルはその曲の歌詞の一節から。オーストラリアで身を捩り続けて行きたい。

2016年7月21日 NSW Moreeのマクドナルドにて。