日常に埋没していました。
オーストラリアから帰国して早、4ヶ月。
日常がものすごいスピードで流れていく。
未だかつてない速さだ。特に週末はとんでもなくあっという間に終わる。
中々何も出来ない感覚がずっと続く。
そんな中に身を置いていると、我慢という時間だけが日常の大部分を占めているように思えてしまう。
ツイッターで、幸福量=自分のやりたいことをやってる時間×自由な時間
というものを見掛けたが、真にその通りだと思う。
現状八百屋で働いてるときは、やりたいことではなく、やらされていることなので
不満や勿体ないという気持ちが全面に出てきてしまう。

メンタルは下がったり持ち直したり。
けれど、やはり日常が煌めくようになることには出会えない。
が、先が見えているので取り敢えずそこまで頑張るしかない。

東京の生活は基本は楽しいが、飽和感がすごい。
+81という雑誌の中のインタビューでそういう風に言っている人がいて
前々から何となく、そう思っていたが、改めて実感する。
この中にいると自分も埋没していってしまう気がしてたまらない。
実は既に埋没しているのだが、このままでは終われないという気持ちは強く持っている。

生活に追われて、ダラけてしまう時間、ネットを無意味に見てしまう時間も
多いので、これからなんとかかんとか自分に打ち勝ってメリハリのある生活をキープしていきたいと思う。自我意識の征服、これが一番難しいことだと最近特にそう思う。何度反省してみても同じことを繰り返す。

将来へ向けて、自分の理想の生活に如何に近づけていけるか。
いつも、いつ何時も勝負の瞬間は日常から永遠に続いていく。

これからの予定。
八百屋バイトは7月いっぱい。
8月の頭にビパッサナー瞑想へ
9月15日にカリフォルニア。
12月からインドへ。

来年に西日本を回る旅に出るか、カナダにワーホリしようか迷っている。
海外へ行くのも悪くはないのだけど、具体的な目標がないと流れるだけで終わってしまう懸念がある。