ぼやき

夢の続きは思い出の遥か…


持続する悲しみは経験したことはあるけど
持続する喜びは経験したことがない。

喜びより悲しみの方が後を引く気がする。
それは自分が根暗だからなのだろうか。

日常が始まり、気持ちが塞がりかけている。

振り出しに戻るようで戻らない。

なんとなく、ブログの更新頻度が増えている。
心にに留めたいことが、日本に来てから多々起きているよう。
帰って一ヶ月以上経つ。もう完璧に日本、東京に慣れきってしまい日常に疲れ始めている節もある。 

生活基盤は整った。月火水金曜は八百屋。水曜夜と土曜日夜はDJバーでバーテンをしている。
八百屋の方は特にやりたいことではなく、生活を維持するために働いているのでどうしても面倒だと思ってしまう。が、家から近いし、気楽と言えば気楽なとこもある。
DJバーの方は楽しみながら出来るので、調子がよろしい。また、色々な種類のお酒を作るのも楽しいし色々なお客さんと話したり、新しい出会いがあるのも喜ばしい。

メンタル的に落ちて泣き噎ぶ みたいなことはなくなったが、そこはかとなく暗くなることはある。
けれど、その状態は誰にでも訪れるような心境だと思っている。
そんなときに思い浮かぶ言葉は「なんで自分は駄目なんだ」である。
そして、そう思うときはやはり青春時代の自分の姿が蘇ってくるのであった。

振り出しに戻るような出来事があったけれど、上に書いたことを思うと同じとこには戻っていないなと感じる。
悲しいと言えば悲しいし、切ないと言えば切ないけれど、当日その出来事があった日、バーで働いていたが、一度も思い出さなかったのであった。きっと少し月日が立てば思い出すこともなくなるのだろう。

で、6月は台湾へ行こうと思っていたが、その線はなくなった。
8月の後半から、Oregonの日食へ行こうと思っていたが、観光ビザの日数計算をしてみると例年通りの11月半ばまで滞在出来ないことがわかった。

残念だなぁと思う気持ちと、共に心の何処かでホッとした。日食パーティーはお金も労力もかなりのもので、行かないとなればそのことに触れなくて済むからか。

という訳で東京の滞在は9月半ばまでになりそうだ。これからそれまでの期間何が出来るのだろう。
もう今年で27歳になる。26と27には大きなギャップを感じる。
別に自分の将来が、不安な訳ではないが、やや焦りを感じてしまう。やりたいことは出揃ってきているが、すかさず実行出来る事柄ではない。今すぐ実行出来ることも多々あるので、そちらを地道に頑張ってゆくしかあるまい。
このような気持ちは、生涯を通じて味わうと思うので、自分に今の感じも悪くないよと言えるとよいな。

今日は残っているZINEの折り作業も始めることが出来た。これは自分の中での大きな一歩である。
こうして、自分の持ってる時間を有意義に使っていきたい。
最近、思いついたことで、noteに自分の旅の文章を書くのはどうかとハッと思い浮かんだ。
マリファナ青春旅行記、YS ver.的な。この計画は是非とも進めていきたいとこ。

ちなみに明日から、名古屋へ行く。お祖母様に会いに。行きたい!というより行かねば!という感じだが、折角なので楽しまなければ!と、たった今思ったのであった。

姉が今月に引っ越すようで、物事はあまり進んでいないように見えて確実に動いているものですね。
東京。ここは楽しいけれど、早く離れたいような気持ちもある。

まだまだ、再会出来てない人もいるので、その方たちに会ったり、兎にも角にも一日一日大切に日々を過ごしていきたい。

あの人に言いたいことも沢山あったけれど、自分の醸し出してる状況踏まえてみると、抑えることが出来た。そう思うと少しだけ成長出来たのかもしれない。

良いことがありますようにと祈らせて下さいまし。
 

明日に手を伸ばして


届きそうで、届かない。
やれば出来るのか、そうでもないのか。
そもそも、やることができるのか。いや、そこで甘やかしてはいかん!
出来るか出来ないか、やるかやらないか、いや!やるんだ!とは福満の名言。
日本に帰ってきて20日目。

1月中はゆっくりしてると決めたものだが、やはり人間なにもないとダラけてしまうもの。
ということで、なんとかしたいという苦し紛れの気持ちでこのブログに手を出してみる。
これを更新するだけでも多少は何かしたという気持ちになれるだろう。
頭を少しでも活性化させたい。文章を書くことは、ただぼんやり考えるのとまるで違うだろう。

帰国ハイ!はもうとっくに落ち着いてしまった。
もう自分の部屋にも馴染みきっている。

やることは沢山あるような気がするのだけど、どうにも取り掛かれない。
恐ろしのはネットが常時接続だと、どうにもそっちに持って行かれてしまうこと。
オーストラリアは不便ではあったけど、それはよかった。

冬。寒さで身体と気持ちが縮こまる。
それが辛いとこ。なにをするにも億劫になってまう。
外に出るのも、小さい用事が一つだけとかだと中々出来ない。
ヨガもやりたいとも思うのだけど、寒くて当然外では出来ない。
室内でやりたいと思うのだけど、東京のアパートではスペースが足りない。
身内の関係で、東京に住むのは最後になる。余すことなく楽しんでいきたいと思う。

今週はパーティーが2つあって楽しみだ。
うだつの上がらない気持ちを抱えつつなんやかんやと楽しい日々を送れていることに感謝です。

駄文を書き連ねる2017年1月の冬。
けども、これで少しは気分転換になった気がする。


 

側にいたって、I miss you!


更新!前回から短いスパンで。なのでサラッと書こうかな。
前回の記事は自分にとって非常に大事なものでした。
この記事についてはこれから、主に来年のことを書いて行きたい。

キーボードをタイプしてる今、クアラルンプールでトランジット待ち。
なんと約11時間。あと3時間後くらいに日本、羽田行きの飛行機にやっと搭乗することが出来る。
オーストラリアも終わってしまった。流石にシドニーから離陸したときには
感慨深い気持ちになり、色々とこみ上げてきました。聴いてた曲は『新しい人』
なんつーか、飛行機から見下ろすシドニーの街は絶景でDMTのトリップの感覚が少しだけやってきたのでした。あの、瞑想感。

来年は、4月からカナダへ行こうと思っている。
というのも4月20日に、大麻が完全合法になるからという話があるからで、
今まで大麻のことを追いかけてきた自分としてはいかない手はないだろうなと。
先進国で完全合法になる。これは世界、これからの動きにとって、とても大きなことだろう。

で、8月から、オレゴンの皆既日食。これも9月からのカリフォルニアのこともあるので、組み合わせれば行かない手はないだろうと思う。

これらの組み合せがあるので、カナダへワーホリしてそのままアメリカに行こう!
と、考えていたのだけど、日本へ帰るのも一年三ヶ月振りで、帰ってみないとなんとも言えない部分が大きそうである。ここに、詳細は書かないけど家族のこともかなり大きいウェイトを占めている。 

6月にすぐに台湾へも行きたいと思うしな。カナダの420はやはり観光で乗り込むべきか…

なんにしても、あと、10時間後には東京に着いているのだ。
楽しみなこと沢山あるなぁ。やっぱり東京好きだしな。
もう、食べ物のことなど、誰も気にしているようには思えない。

あまり、ちゃんと寝てないので頭がうまく働かないなか、とりあえず徒然に書いてみたけど、
もう書くことないかな笑” なんかアッ軽い感じになってしもた。
けど、たまにはこういうのもいいでしょう。

ここ、クアラルンプールの空港は、オーストラリアに行く前にも乗り継ぎ待ちしたとこなのでした。
今では、信じられないけど、行く前はそのままセカンドビザ使うことも大いに考えていたんだな。

今回のブログ、タイトルが思い浮かびませんな。
そうえば、このブログにも度々書いてきた、小説のこと、それも無事に書き終わったのでした!
これからは、それをどう世間へ持っていくか、次の話にも早々と取り掛かりたい。
もう、タイトルこれでいっか!全然内容と関係ないけどな!




 

看一下我


オーストラリアのワーキングホリデー期間、一年が終わろうとしている。
帰国日の28日までもう10日を切っている。ここ何年かの旅の中で、一つの国にこんなに長いこと滞在したのは初めてのことだ。ロンドン以来のことになる。

前回の更新から5ヶ月。思えばずっと働いていた。前半は全く働けなかったからなぁ。
どんなファームジョブをやったか書き出してみよう。
モリーのオレンジ、からガトンのグランドピッキング。ブロッコリーを始め、白菜、個人農家への手伝いにいったときはキャベツ、サボーイキャベツ、シルバービーツの収獲、パッキングなどをこなす。
ガトンの次はタビュラムのブルーベリー。なんとこのファームは6月にスタンソープに滞在していたときにアプライした仕事だった。これが9月22日から11月24日まで。そして最後にヤングのチェリー・ピッキング。12月1日〜一昨日の18日までとなる。
二ヶ月働いていたブルーベリーでは、週の給与が1000$を越えしたことも2,3度はあり、金銭的な面で余裕が生じてきたのだった。貯蓄がある程度進むと精神的にも余裕が生まれる。


1月、オーストラリアに来た時、7000$あったのが 5月のニンビンで0$になり、それが現時点で7000$を超えた。よく頑張ったと言ってもよいでしょう。取り戻したね!
間にパーティーを挟みつつも、オーストラリア後半戦はよく働きました。
仕事に行きたくないときはサボりつつ、しかし自分の尻を引っ叩いて、やれるだけはやりきったと言いたい。

タビュラムのブルーベリーは、金銭面的なことでブレークスルーをもたらしたが、それ以上に何よりも一番大事なこと、気持ちの面でもブレークスルーする契機を与えてくれた場所だった。そこのアコモデーションの名前はToong Teng Farm。将来忘れられなくなるといい。マッキーの言ってたようにリディムを作りたくなる。

現在、自分の精神は過去何年かで一番安定しているように思われる。
2つ前の記事、やはり読み返してみると、とてもくさくさとしている。今の自分の状態から当時の自分を思うと、自分に呪いをかけて、呪われてしまった人のよう。中島みゆきの『ファイト!』を聞きつつ、口付さみつつではないと日々を乗り越えていけない状態にあった。タイトルにもよく現れている。

祈り↔呪いは見えない力、思う気持ちの性質のものでとても似ているとふと思った。

オーストラリアに来る前にマニラで書いたブログに、オーストラリアの地をきっかけに自分の裡に留まり続けている気持ちを変えたいと書き、例の2つ前の記事では、その気持ちと決別することは達成出来そうにもない、と書いた。
けれども、今、今現在なんと、それが達成されている。驚くべきこと。足りないとは決して思わない状態。大袈裟に言えば、人生の第三章が始まったと言っても過言ではないような気持ちになってる。有り難いことで、呪っていた巡り合わせに感謝の祈りを馳せるくらいになった。


ここに来た意味はあったのか?と自問した、オーストラリアだったが、ここに来た意味は多いにあった。オーストラリアに感謝したいくらいの気持ちになっている。
願わくば、オーストラリアでよい方向へ舵を取れますように。素敵な出来事、素敵な出会いがあるとよいな。
これもオースに来る前に書いたブログからの引用になる。
自分の祈っていたことが実現した。自分の力ではどうにもならない範疇のことが叶ったのだ。
良い感じの方向へ取れた舵を大事に操舵していきたい。舵楼に立っているところを想像してみる。
穏やかで爽やかな風が吹き抜ける。目の前には広大無辺な、何処までも見渡せそうな眺め。
大袈裟だなぁ!

「少し強くなるために、壊れたボートで一人、漕いで行く」
これはPUFFYの『愛のしるし』から。いい歌詞だなぁと思う。

巡り合わせ、自分では決して制御することの出来ない世界の流れ。
これがあるからこそ、人生は奥深く複雑で豊かな妙味が醸し出されるのだろうと思う。
起こったことは何年も経ってみないと、見えてこない側面があったりする。
そのときは受け入れられなかった気持ちこそが、今の自分の幸福をより大きなものにしている。
最大限の感謝とお詫びを。あの人へ届いて下さいと思う気持ち。
あのとき、自分のネガティブさに負けて出来なかった動きを、これから大切な人へとしていきたい。

さて、これからの予定、来年の動きもこのブログに書こうとしたが、それは別の記事にまとめようと思う。

最近よく聴いていた曲は
フィッシュマンズ『新しい人』
山仁『SKIT』From クッキーマン

あれだけ聴いていたフィッシュマンズの『誰かを捜そう』も違って聴こえてくるだろう。
乾いた風が流れて来たのでした!

2016年12月20日13時 オーストラリア NSW Youngのシェアハウスにて。





 
.
記事検索
QRコード
QRコード