ぼやき

ラストバックパッカーズ


2月5日に日本を出て、今回の旅初の更新。
いや〜、今回も旅の季節が巡りに巡ってきました。
こうして、自由に好きなところへ行くことの出来る身分に感謝です。

さて、ゴアに着いて3日はバガトルの31アイスクリーム(この呼び方は日本だけで定着しており、海外ではバスキンロビンスという名前で呼ばれている)に併設されてる宿に泊まっていた。
この辺の下りはnoteに更新した。noteも今のままでは中途半端な感じなので、自分のブログを作りたいと思っているが、ずっと滞っている。多分、日本の旅が始まったときくらいに着手できるのかな…。
今まで旅してきた思い出や技術、場所について投稿出来るようにしたい。

20日に28歳になった。もう立派なアラサーである。30が目前に来ている。
気持ちの焦りはハイティーンの方が強かったな。今は今の自分の姿が等身大に思える。
20代は旅に捧げたが、その分色々と学べたし旅を出来る状況であれば、旅をするしかなかったな。
と思う。けれど、自分が将来やっていきたいようなことは、東京の日常生活より、旅をしているときの方が数多く学べた。
特に、第三世界の旅が旅をいう言葉を旅たらしめていると自分の中で思う。
先進国、都市部は東京と変わらない面も多い。けれど、将来へ向けて自分が思い描いている生活は第三世界の方が共通している部分が多い。バビロンから距離を取ること。 

インドはその部分も含め滞在がとても良い具合である。
第一に物価の面があるだろう。一日に必要な経費は一泊分とバイクのレンタル代200Rsずつ、合わせて400Rs、約660円と食費くらいなもの。一日千円以下で余裕で生きていける。
先進国に生まれた恩恵にこれでもか!というくらいどっぷりと浸かっている。
一日にやらなければいけないことは自炊くらいで、あとはひたすらに自由な時間が漂っている。
ということは、自分で手綱を締める締めて行かないと、どこまでも自堕落な生活も待っているのだが。
先にも書いた理由が大きいが、この暮らしは日本、東京や鎌倉にいたときよりも豊かさを感じる。
物質的豊かさは比較にならないが、物質的な豊かさなど今の自分には全然関係なくなってしまったのだった。
他にもインドに強く惹かれる理由は多々ある。とても言葉では言い尽くせないこの感覚。
やはり、一番好きな国はここなのだろうな…

前のブログに書いたヨーロッパフェス巡礼だが、今回は断念した。
というのはパーティーはゴアで充分味わい尽くせそうなのと、やはり先のことを考えお金の出費を抑えたいから。9月、カナダへ行く直前までアジアに滞在していようと思ったが、山水人に行ってみたいと急に思いつき、それを今回の旅のゴールにしようという案が浮かび、これは良いかもなと思っている。

インドビザのルールが変わり、半年のマルチプルを持っていても90日以内に一度他国へ行かねばならぬよう。ゴアの滞在先も良いとこが見つかったので、ここは二ヶ月びっちりいようと思う。
その後、ハンピやゴカルナを経由し、バンガロール辺りから往復のチケットでスリランカへ。
その後、ヨガのアシュラムに滞在しようかと思っている。
今回のインドの旅はパーティーで遊ぶこととヨガを学ぶことが大きな目標の2つ。
それを達成したのち、アジアの他の国に足を伸ばしてみようか。と計画を立てている。

アシュラムでは、ヨギとして集団生活を送りたいと思っている。
節約も兼ねて、食事係のボランティアなんか出来たら最高なのだけど。
最低一ヶ月だか、二ヶ月は滞在してもよいだろう。よいところが見つかれば。
これが理想通り展開すれば、今回の旅のクオリティはとても良いものになるだろうと思っている。

カナダのワーキングホリデーが終わればもう30目前になっている。
日本の旅、定住先を見つけたい気持ちが強いので、バックパッカーはこれでしばらくお別れになりそうだ。

冒頭にも書いたが、20代のうちにこれだけ海外を回ることが出来て本当によい経験になった。
このことは何度か書いているかもしれないが、今は自分がどれだけ恵まれているかよく自覚できる。
そして、この人生に愛着を持つことが出来ている。本当にありがたいとしか言いようがない。

これらの点の経験を、将来線に出来るよう地道な努力を重ねていきたい。

しかし!本当に旅はいいものだ〜! アジアを全力で楽しもうぞ。
前まではブログに情念を溢れさせるように更新していたが、最近なんだかサラっとしか書けなくなってきてしまった。まぁ、これでもいいかと思っている。

乗るんだったら今だ!/今ならまだギリ間に合う。

そろそろかな?っと思ったが、更新時!

帰国後、三週間。早いような遅いような、ということは丁度良い加減なのか。
鎌倉に二週間住んだ後、小学生時代の友人、SNの家に居候が始まってもう一週間ほどになる。
居候、悪くない響きである。SNには本当に大感謝である。
東京に住むの一番のネック、家賃が実質無料になるのだから。
ですから、気持ちを込めて家事など積極的にやらしてもらいまさぁ。
東京へ戻って一週間か。そう考えると早い。が、次の予定、インドへ2月5日、と思うとその日まであっという間なのだろうなと今から思う。
鎌倉は住んでいても、どないすればよいの?状態。
高校を卒業してから住んでいた東京の方が最早住みやすい遊びやい働きやすいのであった。

姉の結婚式が2月3日。直ぐ様インドへ向かう。
この先のことをずっと考えている。今年のこと。今年の予定。
4月辺りまではゴア。5月から一ヶ月、ヨガの修練のためにアシュラム。
6月はカンボジアへ
(ここからはお金があればの話し)
7月からヨーロッパのトランスパーティーツアーへ
なんとなく
Freqs Of Nature(ドイツ)→Lost Theory(スペイン)→OZORA(ハンガリー) →MoDem Festival(クロアチア)
辺りを回ろうと思っている。
したら、一度日本へ戻ろうかしら。
9月からカナダのワーホリを狙っているが、バックパック→スーツケースの切り替えが必要になる。

果たして今持っているお金で、カナダまでたどり着けるのか?
そしてカナダのスタートアップで必要なお金を残せるのか?
(車を買う必要がある)

これが今年のキモですな。
もしこれが実現したら、とんでもない1年になりそうだ!
これをメイキ!出来るのか、今はまだわからない。
願望の予定をここに記しておく。
1月は忙しくなりそうだぜ!

SNの家、千歳烏山と芦花公園の間くらいにあるマンションより。




Hippeace! And Cannapeace!


暇に任せて、ブログを更新。急な思いつき。すぐさま実行。

ハロー、カリフォルニアから、早!でもないけど3ヶ月近く経つ。今年も無事にどうにかミッションを終え、ハロー、サンフランシスコから早3日。

で、本日は街歩きにも疲れて、昼過ぎにホステルへ戻って来た。

午前中はSFC内でも個人的にベスト3に入る店、The Perish trustを覗く。

$195で、ナイスなジャケットがあったが、やはり高価な買い物になると熟考が必要だ。

で、前から買いたいと思っていた櫛をここで購入す。

しかし、このお店の名前、すごいな!と思う笑”


その後、ディビサデロとヘイトのとこのタイ料理屋にフラッと入り、昼食を済ます。

久しぶりに米が食べたいと思い、野菜の炒め物を頼んだ。アメリカは外食が高い。

それに比べると、1000円以下で様々なバラエティのものを美味しくいただける日本ははすごいなぁと思う。


思いつきでキーボードを打っているが、いかん、これでは明日の日記に書くことがなくなってしまう。


ではなくて、このブログは近い未来の予定に自分の心境重ねて、その具合を書くことでヴィジョンをはっきりさせるためにあるのだ。


帰国日は14日。13日に出国で、上海経由となる。なんせ4万を切るチケットで上海で空港を移動しないといけないようだ。荷物のこともあり、そのことを考えると帰りの道のりが多少憂鬱になるのだった。


今後の予定だけども、CA後すぐにでもインドへ飛び立とうと思っていたが、姉の結婚式が2月の頭にあるようで、それに出席しないことも検討したが、父のなき今、弟として出席すべきなのだろうと思うに至る。


その後、インドへ行こうと思っているが、お世話になっていたバーが2月に10週年を迎えるので、それにも行きたくなってしまう。が、そうなると、当初の目的であったパーティーシーズンのゴアは終わりに近づいてしまう、、、


この辺のことを日本へ戻ったら調整しないといけないなぁ。

そして、9月くらいにカナダにワーキングホリデーをしようと思っている。

が、まだまだ先のことなので、どうなるだろうか。

カナダのワーホリビザについて調べてみると、取得後、1年以内に入国すればよいようだ。


なので、帰ってからインド、カナダビザを取らなければならない。

アジアは他の国も回ってもいいかなぁと思ったりするが、ガッツリバックパッカーをする気には中々なれないのであった。


インドへ2月に行き、荷物のこともあるし、9月前に一度日本に戻り、カナダに行くことになるだろうか。

これからのプロジェクトでオンラインのセレクトショップを始めようと思っている。
その為、今回の滞在は買い付けに力を入れており、SFCを奔放しています。
もう何度目の滞在になるのだろうか。指を折りつつ確かめてみたないと、え〜7回目や。
街の地理もだいぶ頭に入っている。5日もあれば回れるだろうと言う感じ。
あとはレンボーグロッサリーに行きとドッグパッチの方を攻めれば一通り見たことになる。
それと、バークレーベイエリアも攻めなくてはね!

マインドはやっと、青春感が、どうにかこうにか落ち着いてきて、安定しているように感じる。
今までは山生活をしてると切なさに耐えきれなくなりそうなことがあったが、今回はそんなことはなかった。
なんだろう、この今までにない安定感は。というくらい。
そのおかげで、山生活も今までで一番有意義なものとなった。体重も増えすぎず、曲も二曲作り、本も漫画もよく読めた。
何より、今まで出来ていなかったヨガをコンスタントにできていたことは今までに比べて成長出来たのでは?と。

小説の方は非常に、非常に書きあぐねている。理想は書き出すことをこらえきれずに始めることなのだろうが
その理想がやってこないのであれば、自分からグッと歩み寄らなければならない。
まさに、『毎日がターニング・ポイント』なのであった。

そうえば、ZINEも次のものを作りたくなっている。アイディアは温まってきている。
タイトルは『Approach With Cannabis』

色々と自分の中にあるプロジェクトを同時進行的にやっていかねばと。
それをやり続けていけばきっと、道は開けるでしょうと楽観的に。
これからもなんやかんやとあるけれど、焦らずに、けれど確実に、地に足を付けて歩んでいきたいですな。



SFC、mina st. between 8th and 9th のEuropean Hostel より。

今でも蝉が鳴いている。


出発直前の更新。
前回の更新から約一ヶ月。
もう夏も終わる。季節の境目。夏から秋へ。
生きる人の人生は刻々過ぎてく。地球の回転は止まらない。

鎌倉へ引っ越してきて、二週間弱。
季節は秋に差し掛かり始めている。
そのためか、こちらへ来て夜中に喘息の発作に三度見舞われた。
肺がひゅうひゅうとし始め、呼吸がスムースに行われない。
痰が気管に絡まり、排出しようと咳が止まらない。
咳をするたびに気管支部が炎症を起こしていうような感じ。
寝たいのに眠れない。体力は削られてゆく。

が、そのうちに安定して、眠りに落ちる。
起きるともうすっかり具合はよくなっている。
完治したかと思いきや、自分はこういう厄介な性質があるのだなぁと改めて感じるところ。
寛解という言葉がぴったりである。

近所に幼馴染が住んでおり、頻繁に会っている。そんなときは鎌倉を歩く。
18歳になるまで住んでいた時分と比べ、色々と変わっている部分も多い。
特に変わったなと思うところは若宮大路である。随分と洒落てる店が増えたものだ。
観光客も、当時は年寄りが多かったが、今は若者がレンタルと思われる浴衣を来て道を往来している。
駅に向かう際、浄妙寺のバス停にはわんさかと観光客がいて、バスに乗り込んでくる。

個人の暮らしの方だが、今までで最もと言っていいくらい怠惰な生活を過ごしてしまった。
時間はまぁ、たっぷりあったのだが、己に課している日課のヨガなど、まるで手につかなかった。
生活に制限がないと、ものぐさグルーヴが際限なくキープオンしていく。
些かの後悔もあるものの、仕方ないと達観するとこまではいかないにしても、別にいっか、と思うに至る。ときにはこんな心持ちも大事だろう。ま、ええやないの。テイク・イット・イージー、メン。

日々、将来の理想の暮らしを思い描いている。
生きているからには、やりたいことを全てやりたいと思う。
自分が生きた証を社会に残しつつ。
自分はまだ自分を諦めていない。何者かになりたい。
まだまだまだまだこのままでは終われない。
勝負して行く意気込みは強い。

自分の出来ること、出来ないこともわかってきた。
どんな特性があり、どんな暮らしに憧れるのか。何が出来て、何が出来ないのか。
約二年後に30歳になる。30から思い描いてることを実行し、己を全う出来るように暮らしていきたい。

その暮らしのベースはカリフォルニア(メンドシーノ)とタスマニア(ジャッキーズマーシュ)のスタイルだろう。
果実など、数年先を見越して毎年実るようなものを植えて、他にも様々な種類の植物を育てたい。
犬や猫もペットとして飼いたいし、鶏くらいまでなら育ててみたい。
米、大豆を自足したいし、季節の野菜、ハーブにも挑戦したい。
発酵食品や保存食作り、燻製なども作れたら楽しいだろう。
趣味の部屋(書斎兼音楽スタジオ)も欠かせない。
もしも、WWOOFのようなことが出来る規模であれば、ヨガルームも作りたい。
リトリートセンター、ゲストハウスのようなことも憧れる。
文章を書くことで自分を表現したいとも思う。
余裕が出来れば野外パーティーを企画したり、フェスへ出店もしたい。
自分のセレクトした物を取り扱う店にも興味はあるし、そのためにちょくちょく海外へ買い出しにも行きたい。
何よりも木工を始めて家造りから家具、小物まで挑戦したい。
林業にも興味がある。
ゆくゆくは熟練した職人になれれば。


30歳あたりから上に書いたようなことを始めていければ幸いだ。
豊かな暮らしはとこういうことを言うのではないだろうか。
物質や金銭に溢れることではない。
自然を尊重し、その中で生き、それを最大限活かしていくのが豊かさではないだろうか。
このような暮らしは東京ではとても出来ないことだ。お金がいくらあっても東京では不可能だろう。
こんなことをいつも夢見てる。実行可能な大きさで。
それらの実現を願って生きている。全部できそうな気さえする。

二十代の半ばまで、自分は恵まれていないと思っていたが、それは大きな勘違いで自分はとても恵まれていることを自覚した。こんな夢のある文章を書けるくらいに。
自分が憧れる人になろうとも。飽くなき挑戦へ、可能性を追求し拡張していく生活を。
常に心踊らせていこうではないか。漲る活力はそこからだ。



鎌倉、十二所、母のアパートより。







情緒、余すことなく

更新。
八百屋のバイトが一段落したら更新しようと決めていた。
先週の金曜日、8月4日でラスト。これで8月働くのはバーの方のみとなる。
これにて、気持ちが楽になる。八百屋が終わってからの始まった感。
やっと、不本意な労働ともお別れ。誰かを儲けさせるための手駒になるのはもう懲り懲りだ。

今回の日本滞在は、中身がなかったように思ってしまうが、それでも日々出来ることは自分なりにやっていた。これから先の動きも定まってきたように思える。
夜、バーで働くのはよい経験となった。接客を始め、色々な種類のお酒の飲み方を知ることが出来た。

今月の30日に引っ越しを控えている。これにていよいよ東京生活ともお別れとなる。
その前にこちらに来客ありで、思わぬボーナスのような、自分によい出来事がある。


9月15日、カリフォルニアへ行く前に次作の短編小説を完成させたいと思っている。

これからの予定は、カリフォルニア→日本→インド(12月から)→日本→カナダ(ワーホリ)を考えている。
これからワーホリする気力はオーストラリアの時点でなかったが、日本に滞在していた間にあちらでやりたいことも見つかり、最早楽しみになてきている。

今までのブログの更新で一番筆が乗っていないが、取り敢えず記録までに。



.
ブログパーツの提供は終了しました。
記事検索
QRコード
QRコード